〒478-0017 愛知県知多市新知字七五三山1番地の2
TEL.0562-55-5700 FAX.0562-55-0413  
MAIL.kansen@nishichita-aichi.or.jp

   

◆県内でも数少ない30人1クラスの
 アットホームな看護専門学校
◆公立で、経済的にも安心
◆公立西知多総合病院の
     修学資金貸付制度

◆学校内Wi-Fi環境整備

 

informationお知らせ

  • 2022年度入学者一般入学試験募集要項をアップしました。こちら…
  • 実習指導教員を募集しています。こちら…
  • 10月1日校長談話を更新しました。 こちら…
  • 2021年度版学校紹介用動画をアップしました。こちら…
  • 取材を受けたメディアスニュース、ほっとラインちたを紹介します。最終更新3月12日。こちら…







                                           フローレンス・ウメコ
1年生
Aさん
4月から自分にとって1年振りの学校生活が始まり、まだまだ学校生活自体を新鮮に感じる日々が続いています。周りの1年生とはほとんど1歳の年齢差がありますが、入学後に私より年上がいる事が分かり、驚きました。歳の差があっても皆馴れ親しむ事ができるのがこの学校の強みだと感じました。
クラス全員でそれぞれの理想の看護師像を抱いて国家試験合格の為に共に助け合い、切磋琢磨し合いながら頑張って、充実した3年間にしていきたいと思います。
1年生
Bさん
ついに、夢に見ていた看護師への第1歩を踏み出し始めました。私たち10回生は高校生活最後の1年間たくさん辛い思いをして、たくさん悔しい思いをしてきました。当たり前が当たり前じゃなくなってから約1年が経ちました。普通だったらマスクなしで、笑い合えたのに。みんなで遊びに行けたのに。
そんなことを思う日もありますが、辛い時間を乗り越えてきたからこそ、この30人が集まれました。まだ1ヶ月ですが、このメンバーで10回生として集まれて本当によかったです。男子学生は少ないですが、壁がなく安心してやっていける環境がこの学校にはありました。この時期を乗り越えたからこその強い看護師だと言ってもらえるよう10回生全員で協力しあい、切磋琢磨し、卒業できるよう頑張っていきます!
私は勉強面でも技術面でも苦手なことに気づくことがたびたびあります。しかし、そんなときに支えになってくれるのが、先生方やクラスの仲間です。技術試験になかなか合格することができず1人で 練習していると、いつもクラスのみんなが声をかけてくれて、一緒に練習をしてくれます。初めての病院実習では、仲間とはアドバイスをし合い、先生方は優しく時に厳しい指導をしてくださり、より一層成長することができました。これからの学校生活でも 壁にぶつかることはあると思いますが、何事も諦めずに一生懸命頑張りたいです。 2年生
Cさん
看護師になれるか不安でいっぱいだった一年前の春に比べ、少しずつではありますが、自信をつけています。学科や技術、実習など大きな壁はたくさんありますが仲間と共 に協力し合い、一つ一つ突破していけます。また、先生も私の進路などについての相談を真摯に聞いてくださいます。国試対策として、まなぶん講座を開いてくださるので学校と生徒とで良い環境を作れていると思います。今後も一つ一つ課題に取り組み、看護師を目指していきたいと思います。 2年生
Dさん
3年生
Eさん
1クラス30人の少人数であるため、クラスメイトと深く関わることができます。3年間クラスメイトと苦楽を共にしてきましたが、学校のことだけではなくプライベートな悩みを共有できる仲間ができました。
先生方はお母さんのように学生に寄り添ってくれます。辛い時には優しく話を聞いてくれるので心の支えになっています。
看護師は大変な職業ですが、やりがいのある魅力的な職業です。ぜひ私たちと一緒に頑張りましょう。
  3年生
Fさん
はじめは、実習を乗り越えられるか、不安がいっぱいでした。今でも、つまづくことは沢山ありますが、実習メンバーやクラスメイトに支えられて乗り越えられることが出来ました。クラスメイトには感謝しています。
先生方も私たち学生の悩みなど、親身になって聞いてくれて、とても話しやすいです。1学年30人と少人数なので、皆、仲良く過ごしています。
1クラス30人と少ない人数であるため、クラスメイトとは深く関わることが出来ます。意見がぶつかる時もありますが、実習では支え合い、励まし合うことでお互いに成長していくことができるところが魅力的なところだと思います。
また、先生たちもお母さんのように優しく、ひとり一人に寄り添ってくれます。実習や勉強で行き詰まり、困っているときにも、すぐに相談に乗ってくれて、心の支えになる存在になっています。
2020年度
卒業生
Gさん
学生の話を親身になって聞いてくれる先生方や厳しくも優しく指導してくださる指導教員の方々、3年間を共に過ごす仲間と共に毎日充実した日々を過ごしています。
先生方は、学生の言葉に耳を傾けてくれる事が多く、学生一人一人に担当教員もいるので、困った事は相談しやすい環境にあります。又、1学年30人と少ない人数だからこそ、互いを理解し合う事ができ、クラスで団結し、切磋琢磨しながら自分を高めていく事ができます。
看護師という職業は、大変な事も多いですが、人と関わる職業である為、看護を学ぶ事により人として成長できる事も多くあります。残り1年、看護師となる為の知識や技術だけでなく人としても大きく成長できる様頑張りたいと思います。
2020年度
卒業生
Hさん
2019年度
卒業生
Iさん
私は、この学校で3年間、看護、医療を学び、2020年春に卒業しました。看護学生の3年間は、一般的に辛いイメージがあると思います。イメージ通り、実習や国家試験勉強など、決して簡単な道のりではありませんでした。しかし、私が3年間乗り越えてこられたのは間違いなく、この学校の先生方やクラスメイトの存在があったからです。1学年の人数が少ないため、3年も経つと皆家族みたいで、一緒にいて落ち着きます。先生方もなんでも話しやすい雰囲気で相談に乗ってくださるし、先生方も看護師なので身近に尊敬できる先輩がいることはとても刺激になります。私はこの学校で看護や医療を学ぶことができて良かったです。あなたの夢を応援しています。
2019年度
卒業生
Jさん
1人ひとり担当の先生がいるため、困ったことがあれば相談しやすい環境にあり、先生もお母さんみたいなので安心して学校生活を送ることができます。とてもアットホームな雰囲気の学校です。
30人と少ない人数だからこそ、技術練習や実習も団結し、一緒に悩み、成長でき、乗り越えることができます。
私たちのクラスは、1人ひとり個性があり、尊重し合いながら成長できるクラスです。クラスでボーリングへ行ったり、クラス会をしたり、メリハリをつけ、遊ぶときは遊び、実習や試験はお互い助け合っています。私はこの学校を選んで、大好きなこのクラスで良かったと日々感じています。
2年生の後半になると実習が始まり大変でしたが、大変な時や悩んだ時はクラスメイトが助けてくれました。私たちのクラスは個性が強いですが、皆、その個性を尊重しあえ、笑顔が絶えない学年でした。国家試験勉強も仲間と協力し合いながら乗り切ることができました。
教員も悩んだ時や落ち込んだ時に話を聞いてくれ、親身になってくれました。公立西知多看護専門学校で3年間楽しく過ごせました。クラスの皆が大好きです。
2018年度
卒業生
Kさん
この公立西知多看護専門学校で出会った仲間、先生方との時間や切磋琢磨して身につけた看護の専門知識や技術はかけがえのない宝物となりました。
これから看護の道を究める上で迷えることがあっても、この母校での時間を思い出し、自分らしい看護をする原動力としていきたいと思います。
2018年度
卒業生
Lさん