〒478-0017 愛知県知多市新知字七五三山1番地の2
TEL.0562-55-5700 FAX.0562-55-0413  
MAIL.kansen@nishichita-aichi.or.jp

カリキュラムCurriculum

   

教育目標

1.看護師として必要な基礎的知識・技術を習得し、適切に応用する能力をもつ。
2.専門職業人として働くうえで必要とされる社会人基礎力を身につける。
3.生命の尊厳と人権を尊重する姿勢をもつ。

     

カリキュラム構造図

  
カリキュラム構成を家屋にたとえ、施主である学生が学びを重ねることでそれぞれの看護人生を歩むためのしっかりとした住みやすい居場所である家屋を教員、臨地実習指導者、講師らのサポートにより講義・演習・実習を通して築き上げることをイメージしています。
当校では、専門職業人として基本的な能力となる社会人基礎力(「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」と倫理を重視し、家屋の大黒柱(心柱)としました。その柱が屋根から突き出そうとしていることで、卒業後も自己研鑽を重ね、生涯学習する力を身につけ、より大きな家屋を建設していくという願いも示してあります。
看護の知識は、基礎分野および専門基礎分野の知識を基盤に成り立つものと考え、家屋の基礎・土台としました。その上で、基礎看護学はそこから先に学ぶ各看護学の入り口になるものと捉え、玄関ドアとしました。
発達段階に関わらず必要となる知識である精神看護学、母性看護学を壁として縦に配置し、小児看護学、成人看護学、老年看護学はライフステージを意識し積み上げるように配置しました。
これらの上に看護の統合と実践、在宅看護論を必要不可欠な屋根として考えました。これはすべての科目の知識・技術・態度、そして社会人基礎力および倫理を基盤として成り立つものと考えています。
家屋の周囲にある池や花壇のある庭は教科外活動を示しており、防災訓練の参加など地域への貢献や校外研修を通して幅広い知識や感性を高めることを、庭を美しく整えることにより表現しています。  
    

カリキュラムデザイン

  

授業科目単位時間数一覧表

区 分   授業科目 単位 時間
基礎分野     科学的思考の基盤
人間と生活・社会の理解
(13単位) 
国語表現法  30
ビジネスマナー  15
情報科学  30
外国語  30
法学  30
教育学  30
自然環境論  15
人間工学  15
基礎心理学  30
コミュニケーション演習  30
社会学  30
教養セミナー 現代作法 1     10
教養セミナー 音楽  10
教養セミナー リフレクソロジー(選択) 10
教養セミナー アロマセラピー(選択)
教養セミナー 手話(選択)
専門基礎分野 人体の構造と機能
(4単位)    
解剖生理学1  30
解剖生理学2  30
形態機能学  15
生化学  30
 疾病の成り立ちと
   回復の促進
(12単位)           
病理学   30
疾病の理解1(運動器疾患)  15
疾病の理解2(消化器疾患)  1  30
疾病の理解3
(呼吸・循環器疾患)
 30
疾病の理解4
(内分泌・血液造血器疾患)
 30
疾病の理解5
(腎臓・泌尿器疾患)
 15
疾病の理解6
(脳神経・感覚器疾患)
 30
疾病の理解7
(女性生殖器・乳腺疾患・周産期の異常・小児疾患)
 30
疾病の理解8(精神科疾患)  15
微生物学  30 
薬理学  30
栄養学  30
健康支援と
  社会保障制度
(6単位)     
保健医療論  15
マネジメント  15
公衆衛生学  30
社会福祉総論  15
社会福祉各論  15
関係法規  30
専門分野T              基礎看護学
(12単位)          
看護学概論  30
看護研究  30
フィジカルアセスメント  15
共通基本技術  15
日常生活援助技術1
(環境、運動と休息)
 30
日常生活援助技術2(清潔)  30
日常生活援助技術3
(食と排泄)
 30
診療の補助技術  30
看護過程の展開  30
臨床看護総論1  15
臨床看護総論2  30
臨床看護総論3  15
基礎看護学実習
(3単位)
基礎看護学実習1  45
基礎看護学実習2  90
専門分野U       成人看護学
(7単位)      
成人看護学総論  30
成人看護学方法論1
(急性期看護)
 30
成人看護学方法論2
(慢性期看護)
 30
成人看護学方法論3
(周手術期看護総論)
 30
成人看護学方法論4
(周手術期看護各論)
 30
成人看護学方法論5
(がん・終末期看護)
 30
成人看護学演習  30
老年看護学
(4単位)   
老年看護学総論  30
老年看護学方法論1
(日常生活の援助方法)
 15
老年看護学方法論2
(健康障害のある高齢者の看護)
 30
老年看護学演習  15
小児看護学
(4単位)   
小児看護学総論   30
小児看護学方法論1
(小児とその家族への看護)
 15
小児看護学方法論2
(小児看護技術)
 30
小児看護学演習  15
母性看護学
(4単位)   
母性看護学総論   30
母性看護学方法論1
(妊婦・産婦・褥婦の看護)
 30
母性看護学方法論2
(新生児の看護)
 15
母性看護学演習  15
精神看護学
(4単位)   
精神保健   30
精神看護学総論  15
精神看護学方法論  30
精神看護学演習  15
臨地実習  
(16単位)      
成人看護学実習1  90
成人看護学実習2  90
成人看護学実習3  90
老年看護学実習1  45
老年看護学実習2  45
老年看護学実習3  90
小児看護学実習  90
母性看護学実習  90
精神看護学実習  90
統合分野          在宅看護論
(4単位)   
在宅看護論総論  30
在宅看護論方法論1
(生活支援技術)
 30
在宅看護論方法論2
(主な疾患と看護)
 15
在宅看護論方法論3
(主な医療処置と看護)
 15
看護の統合と実践
(5単位)    
看護管理  30
災害・国際看護  15
救急看護  15
看護の統合と実践演習1  30
看護の統合と実践演習2  30
臨地実習 
(4単位)
在宅看護論実習  90
看護の統合と実践実習  90



このページの先頭へ