〒478-0017 愛知県知多市新知字七五三山1番地の2
TEL.0562-55-5700 FAX.0562-55-0413
MAIL.kansen@nishichita-aichi.or.jp

校長談話Principal Statement

「4回目の春合宿」

4月6日の入学式で今年も30名の新入生が入学しました。今年は男子学生が6名います。そして公立西知多看護専門学校の6回生です。既に春合宿を終え、私が行っているマネジメントの授業も半分が終わりました。1年生が目標管理を理解するのは非常に難しく、分からないながらに一所懸命に考え、課題に取り組んでくれています。
6回生のクラスの運営理念は、「元気で笑顔 1人は皆のために 皆は1人のために 夢に向かって頑張るクラス」となりました。この運営理念のもと、現状分析した結果、3年間の目標は、次の3つになりました。

クラス目標
 1.全員で卒業して国家試験に合格する。
 2.様々な看護技術を学んで、今できることを増やしていく。
 3.日々の気づきあいを通して、社会人基礎力を身につける。

前回の授業では、1の目標についての計画を立案しましたが、とても活発な意見交換ができ、私自身も楽しく時間を過ごすことができました。春合宿の前と後では、大きく変化したのです。春合宿前のグループワークでは、意見を言う人に偏りがありましたが、春合宿後はその偏りが減ったように思いました。更に私が指示しなくても意見を言ってくれるようにもなりました。そして、何より、皆の笑顔が増え、良いクラスを作っていこうという気持ちが伝わってきました。
春合宿は今年で4回目になりました。1回目から、毎回少しずつ改善し、取り組んできましたのでこの変化はとても嬉しいものでした。
毎年クラスの雰囲気は違うのですが、6回生の特徴は、「善い行動がつながっていく」ところだと思います。1人の学生が善い行いをすると、それを見ていた他の学生も自ら動く、そんな連鎖がみられるのです。これがおそらく6回生の皆が自分たちで考えた「気づきあい」そのものなのだと思います。
それぞれの個性を大切にしつつ、気づきあい、補い合い、助け合い、学びを深めながら、3年後の卒業、そして国家試験全員合格に向けて歩んでいってほしいと思います。


              平成29年5月 公立西知多看護専門学校
                     校長 竹内(宮原)晴子