〒478-0017 愛知県知多市新知字七五三山1番地の2
TEL.0562-55-5700 FAX.0562-55-0413  
MAIL.kansen@nishichita-aichi.or.jp

校長談話履歴Principal Statement

「新体制で令和4年度が始まりました」
 今年度より、校長となりました鰐部です。私はこの公立西知多看護専門学校の前身である知多市立看護専門学校の1回生です。卒業後は看護師として働いていましたが、25年ほど前にこの学校の教員になりました。自分でも振り返ってみて驚いてしまいましたが、学生時代を含めると人生の半分くらいの期間、この学校で過ごしています。  
 これまで多くの皆さんと出会い、そして立派に看護師として羽ばたいていく姿を見送ってきました。先月の卒業式では、公立西知多看護専門学校の8回生が素敵な笑顔で「この学校に入学してよかった」と大変嬉しい言葉を教職員へ残してくれました。私たち教職員も「この学校でみんなと出会い、応援してきてよかった」と思う瞬間でした。さらに先日「看護師国家試験、全員合格!」という大きなプレゼントもいただきました。8回生の皆さん、ありがとう。
 さて、今年度の新入生から「気づき、考え、協働する看護の専門職を育成する」という教育理念を基に、新しいカリキュラムが始まります。このカリキュラムは、医療機関に限らず在宅や施設など多様な場において多職種と連携し、対象の多様性・複雑性に対応した看護を提供できる看護師へと成長することを願い、教員一同で2年にわたり、100回以上の会議を重ねて構築したものです。看護を考える基盤となる力を身につけるとともに社会人基礎力と「正しさ」を守る力を高めていくことを期待するとともに、講義や演習そして実習を通して「看護って楽しい!」を伝えていきたいと思います。  
 新しく教職員を迎え、新体制で令和4年度が始まりました。学生の皆さんが夢をかなえられるように、教職員一同、応援していきたいと思います。よろしくお願いいたします。  
 そして卒業生の皆さん、嬉しいことがあったとき、辛いとき、特に報告することがなくても…ぜひ学校へ遊びに来てください。お会いできる日を楽しみに待ってます。
                令和4年4月 公立西知多看護専門学校
                        校長 鰐部 貴久美

ふれあいタイム
 当校は、「学生担当制」と「クラス担任制」の両方を取り入れています。 学生担当制は、一人の教員が各学年2~5名程度を縦割りに担当して個別的な相談や生活指導に関わり、より学生と近い存在となっています。そしてクラス担任(各学年1クラスしかありませんので、クラス担任=学年担当となります)は、クラス全体をまとめる役割があります。つまり学生にとっては、学生担当とクラス担任がいることになります。1学年定員30名だけあって、学生と教員の距離が近いのが当校の強みであると感じています。
 先日、「ふれあいタイム」という時間がありました。これは各教員が担当する学生たちと一緒に昼休みを過ごして親睦を図る目的で、年に2回ほど企画しています。新型コロナウイルス感染症が流行する前は、ともに昼食をとりながらおしゃべりをして過ごしていました。特に4月のふれあいタイムは、入学したばかりの新入生を歓迎する意味もあり、先輩たちが準備したお菓子やジュースをいただきながら、和やかな時間を過ごして、先輩たちとのつながりを大切にする時間となっていました。
 今年度は、感染予防のため昼食後に集まり、先輩たちが企画したゲームやバドミントン、そしておしゃべりをして30分ほどを過ごしました。私には担当学生がいませんので巡回しました。優しく新入生を迎える先輩たちの姿や、はじめは緊張していたけれど少しずつ笑顔を見せるようになった新入生たちの姿を見て、新しくできた先輩と後輩のつながりに心がほっこりしました。この関係は、卒業後も職場や看護職としてずっと続いていくものだと思います。ぜひこの「知多看」としてのつながりを大切にしてほしいな、と思います。

                 令和4年5月  公立西知多看護専門学校
                        校長 鰐部 貴久美

ベッドメイキング
 先日、1年生にとって看護技術の第一歩である「ベッドメイキング」の技術試験が行われました。病床環境を整える授業の中で、患者様が快適に療養生活を送れるようベッドのマットレスにフラットシーツをかける技術です。一見簡単そうに感じますが、しわがなく、そして患者様がベッドに横になっても崩れにくいようにシーツをかけるには、シーツを引っ張る力加減、シーツの端をマットレスの下へ敷き込む方法など、ちょっとしたコツがあります。
 また、中腰で行う作業になるため、ボディメカニクスを活用することで、自分自身の負担を軽減させることも大切です。どれくらいの力加減で、どちらの方向にシーツを引っ張るのかを考えながら、何度も繰り返し練習をすることで、しわのない崩れにくいベッドができるようになるため、学生自身も努力の成果を目に見える形で感じることができます。
 今年も技術試験前には、多くの1年生が授業後や土曜日に登校して、一生懸命練習していました。偶然、来校していた卒業生から初対面にもかかわらず“コツ”を伝授された幸運な学生もいました。
 技術試験では、みんな真剣に取り組み、努力の成果の表れであるシーツがピーンと張られた寝心地のよさそうなベッドができあがっていました。残念な結果になった学生もいましたが、あと一息練習すれば合格できそうです。(私も学生当時、ボディメカニクスがうまく使えず、ベッドメイキングの技術試験は不合格でした。それが10年後には、教員として授業を担当してコツを伝授する立場になっていたのだから…)
 ベッドメイキングを通して、 “なぜそうするのか”という根拠を考えるとともに、繰り返し練習することが看護技術を習得する上で大切であることを学び、今後のさらなる看護技術の習得へとつなげていって欲しいと思います。
               令和4年6月  公立西知多看護専門学校
                        校長 鰐部 貴久美

おかえりなさい
 昨年、一昨年は、新型コロナ感染症の流行に伴い、Zoomを使っての実施となっていましたが、今年は念願の対面での「里帰りデ―」を実施することができました。
  当日は、元気な声で「ただいま!」と多くの卒業生が来校しました。初任給の使い道や社会人になってからの嬉しかったこと、自分をほめたいところなどをテーマに近況報告をしました。初任給で自分や家族にプレゼントを買ったこと、患者さんからの感謝の言葉や先輩からほめられたことが嬉しかったなど、家族や先輩たちなど自分を支えてくれている人の存在を感じ、感謝している様子でした。
 「解剖学かるた」を使ったかるた取り大会では、様々な解剖学の知識が詰まった読み札を聞き「そうなんだ!知らなかった」や「国家試験を思い出す(笑)」という声もちらほら聞かれ、想像以上に盛り上がりました。
 社会人になって2か月、様々なことを経験し、辛かったこともあったでしょう。久しぶりに仲間とひと時を過ごし、嬉しかったことや自分をほめたいことを言葉にすることで、これからも前を向いて進んでいけるといいな、と思いました。私たち教員一同、皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。
 卒業生に近況報告を書いてもらい、廊下に掲示しました。掲示した廊下から「先輩たちすごい!」、「初任給か~。いいなぁ、何買う?」など在校生の声が聞こえてきました。国家試験を乗り越えて現場で働く先輩を尊敬し、そして自分の“新人看護師”の姿を思い描いた人もいたのではないでしょうか。後輩たちに、良い刺激となったようです。ありがとうございました。
 短時間での開催だったので、もっとゆっくり話をしたかったと思う人もいるかもしれません。これからも、いつでも学校へ来てくださいね。「おかえりなさい」という気持ちで、お待ちしています。

              令和4年7月 公立西知多看護専門学校
                      校長 鰐部 貴久美